ストレートパーマ(縮毛矯正)をかけた後のお手入れ!は最初が肝心です。

ストレートパーマ(縮毛矯正)をかけた後のお手入れについて。

今年は梅雨が長くストレートパーマを施術される方が多かったです。理由としては梅雨になって湿気が多い日が続き朝キレイにスタイリングしたのに、ふと鏡をみたらクセが出ちゃってたり。職場に着くころには髪がハネてしまったりと、せっかくお手入れしたのに。。。

そんなクセ毛の人はストレートパーマ(縮毛矯正)をすれば真っすぐストレートになるし湿気の影響も受けなくなるのでストレスがなくなります。お手入れも簡単になるしクセ毛の時と違ってサラサラになるしツヤも出て喜んでもらえます。

ですがストレートパーマは、かけた後のお手入れは、注意が必要です。

まず気を付けてほしいのがストレートパーマ施術をした後、髪の毛はとってもデリケートな状態です。お薬とヘアアイロンを使って髪を変化させているので傷みやすい状態になってます。せっかくキレイにストレートになっても髪を傷めてしまっては台無しです。
せっかくのストレートパーマも傷んでしまうことで髪が広がってしまったり、まとまらなくなることもあります。


「痛んでいる=髪が乾燥」なので「パサ~」とした毛先になったりします。
だからストレートパーマをかけた後のお手入れが大事なんです。特にかけた、その日は優しく扱ってあげてくださいね!

まず大事なのが施術後一回目のシャンプーです。この時に洗浄力の強いモノで洗ってしまうと髪がきしんでしまったり絡まってしまったり手触りも悪くなります。
※できたら当日のシャンプーは止めましょう。

施術後、初めて洗う一回目のシャンプーは髪にやさしいシャンプーを使いトリートメントもしっかりしてあげましょう。効果を感じなくても、トリートメントしてあげることで、1ヶ月後の状態がずいぶん違って良くなりストレートパーマの持ちがよくなります。

次に大事なことは洗った後はかならず乾かしてあげてください。根本(地肌)からシッカリと毛先まで乾かしてください。ドライヤーの風を髪に沿って(ストレート)当てて乾かしましょう。それだけで持ちがよくなります。

出来たら乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけると最高です!乾かした後もつければ、なお良いです。

ここまでが施術後に気をつける最初のお手入れです。

朝のスタイリング (朝起きたらすること)

夜のお手入れ(シャンプー、ドライ)をしておいても朝起きると寝ぐせがついてたり、せっかくのストレートヘアもボサボサになったりします。

寝ぐせで出来たクセやハネを治すことは実は簡単です。一番簡単なのは、髪を濡らすこと。髪は濡らして乾かせば寝ぐせも治せます。なので朝起きたら濡らしてしまいましょう。濡らし方は洗面台でシャワーしても良いしスプレーで濡らしても良いです。スプレーで濡らすなら地肌をしっかり濡らしましょう。

この時に専用のミストを使うと最高です。当店の商品なら以前のブログで紹介したリセットミストがオススメです。

詳しくはこちら↓
「寝癖がすぐ治り育毛効果もある頭皮の化粧水が新発売です!」

キチンと乾かしたらオイルや艶出しスプレーをしてあげると静電気防止、湿気防止になります。雨の日は多めにつけるのがポイントです。

気になるストレートパーマの持ちとスタイルチェンジ

ストレートパーマは基本かけたら取れないのがホント。新しく伸びてくるところはもともとのクセが出てきますが、一度かけたところはストレートのままです。ごくたまにクセが強い人でリバウンドする人もいますが、その時はもう一度施術をすれば大丈夫です。そして伸びてくてどれくらいの期間で施術をするのか?が気になると思いますが。正直、人によるので経過を見て決めるとよいと思います。クセが強い人ほどスパンが短くなります。髪が短い人ほどスパンが短くなります(長い人は髪の重さで気にならないこともある)担当美容師さんと相談しながら決めると良いと思います。

ストレートばかりでは飽きてしまいます。根本のクセはイヤだけど毛先はパーマが欲しい!そう思う人も多いし、実際にパーマをかけることも出来ます。理想は根本のストレートをしながら毛先のパーマをするのが良いです。そのほうが髪への負担が少ないと思います。詳しくは相談してください。長さの問題以外で出来ないスタイルはありません。

まとめ

キーワードはダメージ(傷まない)ようにすることです。なるべく痛ませないように気を付けて長持ちさせることですね。お家でのケアだけでは難しくなってきたらサロンに相談してください。サロントリートメントでケアしましょう。

 
最新の投稿
カテゴリー